1. TOP
  2. 年賀状
  3. ビジネス関連の年賀状で注意すべき点と文例

ビジネス関連の年賀状で注意すべき点と文例

 2017/11/08 年賀状  
扇子年賀状

ビジネス関連の人への年賀状は賀詞に注意!

親しい友人や親戚に出す年賀状と違って、ビジネス関係の人に送る場合はどんな文章で書いたらいいのか迷いますよね。
ここでは、会社の取引先などに送るビジネス関連の文例や注意点などを紹介していきます。
上司宛の年賀状文例を知りたい方はこちら→上司に「あけおめ~」は厳禁!年賀状の正しい書き方7個

年賀状に書く最初の言葉、賀詞にもたくさんの種類があります。
「あけましておめでとう」
「謹賀新年」
「HAPPY NEW YEAR」 など
何気なく書いていた新年の挨拶の言葉も送る相手によって使い分けが必要になってきます。
社会人ともなると「知らなかった…」では笑えないですよね。
ビジネス関連の人への年賀状は特に注意して書くようにしましょう。

賀詞

1文字、2文字の賀詞

「寿」、「賀」、「慶」などの1文字や「賀正」、「新春」、「迎春」などの2文字の賀詞は、目上の人から目下の人へ使われる賀詞です。
「寿」はおめでたいことです
「賀正」は正月を祝います
といっているに過ぎません。
「謹んで」という意味合いが入っていない賀詞は、相手に対する敬意が欠けたものになります。
間違ってもビジネス関連の人に出す年賀状には使わないようにしましょう。

4文字の賀詞

「謹賀新年」、「恭賀新正」、「新春来福」などの4文字の賀詞は、目上や目下ということに関係なく使うことができます。
なので、ビジネス関連の年賀状には気にせずに使うことが出来ます。

「あけましておめでとうございます」の賀詞

「あけましておめでとうございます」の賀詞は、目上の人や目下の人に関係なく使うことが出来るので
「謹賀新年」と同じく、もっともよく使われている賀詞ではないでしょうか。

ビジネス関連の人や上司に出すなら、

「新年おめでとうございます」

「初春のお慶びを申し上げます」

「謹んで新春のお慶びを申し上げます」

という賀詞のほうが、なんとなくビジネス用という感じがするのは私だけでしょうか。^^
調べてみると賀詞も奥が深いな~と思いました。

お祝いの言葉は繰り返し使わない

「謹賀新年」と書いたのに、「謹んで新年のお慶びを申し上げます」と続けてしまうのは、お祝いの言葉を繰り返して書いていることになるので気を付けましょう。
「謹賀新年」の後には、昨年度の感謝の気持ち、そして来年の抱負などを続けましょう。

宛名の書き方

ビジネス関連の人へ年賀状を送る際に気を付けたいのが宛名書きです。
部署名や役職名はもちろんですが、名前の漢字などくれぐれも間違えないようにしましょう。
私がよくやるミスですが、パソコンで漢字変換されるとそれが正しいと思っていまいがちです…。
以前冷や汗をかいたことがあるので、念には念を入れてチェックしてくださいね。
宛名書きのマナーについてはこちらを参考にして下さい。→住所は略さない!年賀状の宛名の基本的な書き方

年賀状文例集(ビジネス編)

ビジネス関連の年賀状の裏面をすべて手書きで作成する人はあまりいないですよね。
印刷注文する年賀状は、よほどでない限り似たり寄ったりのデザインになります。
「おっ」と思われる、他社と差をつけるような年賀状にするためにも手書きの一言は必ず添えるようにしましょう。

パソコン,年賀状

手書きの一言で気を付けたいのが、ビジネス関連の方に出す年賀状は、相手の家族も見るのでどんなに仲の良い先輩や上司でも気の緩みすぎない文章にすることです。
沢山の人の目に触れる可能性があることを忘れないようにして下さい。

「去る」、「離れる」などの忌み言葉は使わない

また、「去る」「終わる」「切れる」「絶つ」「散る」などの忌み言葉は使わないように気を付けましょう。
「去年」ではなく「昨年」または「旧年」とします。
「今年も絶好調!」などと書いてはいけません。
年賀状にこれらの漢字を使うのはやめましょう。

ビジネス文例1:企業、取引先関連

旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

本年も倍旧のご愛顧のほどお願い申し上げます

貴社の益々のご発展と社員の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます

御社のますますのご発展をお祈り申し上げます

本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

ビジネス文例2:会社→お客様宛て

昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます

弊社も皆様のお陰を持ちまして無事に新年を迎えることができました

旧年中はひとかたならぬお引き立てをいただき誠にありがとうございました

まとめ

ビジネス関連の人への年賀状で、最後にもう一度見直したいのが誤字・脱字です。
投函する前には必ず再チェックをするようにしましょう。
せっかく心を込めて書いた年賀状、元旦に届けたいですよね。
12月15日~12月25日の投函期間内に出せば元旦に届くので忘れないようにしましょう。

新年の最初の挨拶となる年賀状、マナーをしっかり抑えて新しい1年を気持ちよく迎えたいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

年賀状〜新年の大事な挨拶を綴ろうの注目記事を受け取ろう

扇子年賀状

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

年賀状〜新年の大事な挨拶を綴ろうの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

子育てママ

子育てママ

1児の愛娘を育てながらブログ活動をしている現役ママです。皆さんの参考になるブログサイトを目指して日々更新中です♪


関連記事

  • 年賀状を書き損じてしまったら?交換期限はいつまで?

  • 年賀状はディズニーキャラクターたちで可愛く仕上げたい!

  • 年賀の王様の口コミを検証~安いのに仕上がりキレイで満足は本当?

  • これだけは知っておきたい!年賀状の書き方とマナー

  • 比較してみた!年賀状作りはどっちの方法が安い?

  • 抜群におしゃれな家族写真の年賀状なら年賀家族で決まり!